ホワイトボードはホーローやスチールの他に印刷もできる

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな場面でホワイトボードを見かけますが、ホーローやスチールなど素材も様々です。予定表などが印刷されているのを見かけたことがある人も多いでしょう。見た目で違いがわかるのは、予定表や時間割表などが書いてあるタイプです。実は種類がいくつもあるので、これから購入する場合は素材のことまで考えた上で決断しましょう。
素材が違うと言われてもあまりピンとこないかもしれません。値段で選ぶのか、それとも耐久性に優れているかどうかで判断するのかによって自分が購入すべきタイプが変わります。ついつい大きさや価格を重視してしまうとは思いませんか。そのような選び方ではもしかしたら後悔することがあるかもしれません。どういうタイプがあるのかを詳しく知ることで後悔しないようにしましょう。

耐久性を考えたらどれが良いのか

できれば物持ちが良い方が助かるとは思いませんか。そう思っている人は、素材がホーローを選んでください。書き跡が残りにくいからです。たくさん文字を書いたりイラストなどを書くとわかっているのならば、書き跡が残りにくいことを考えた上で購入しないとすぐに跡が残ってしまって使いにくくなるかもしれないからです。
あまりたくさんの文字やイラストなどを書かないだろうと思ったらここまで考えなくても良いかもしれません。耐久性のことを考えることで買い替えを頻繁に行わなくて済むでしょう。筆圧が強い人ならば耐久性を考えた方が良いですが、よくわからないということであれば、最初は価格を重視しても良いでしょう。買い換える時に書き跡が残らない方が良いと思ったら次は耐久性を重視すると良いです。

予定表などを使いたい人も注文しよう

あまり値段をかけたくないのならばスチールで十分です。価格が安いので手軽に使えるでしょう。そして、予定表などを利用したいと思ったら、ホワイトボードに予定表などを印刷してもらってください。たくさん種類があるので、利用しやすそうなデザインを選んでみましょう。オリジナルデザインにも対応しているので、良いと思うデザインがなくても心配いりません。
実際に購入する場合、意外と種類が豊富で驚くでしょう。これだけ種類が豊富なので、使いやすいかどうかをじっくりと考えた方が良さそうです。利用頻度もそうですし、どうやって利用するのかも含めて考えてから購入すればとても便利な生活が送れるようになります。企業や学校だけではなく家庭でも購入してみませんか。

ピックアップ記事

印刷したホワイトボードを綺麗に長持ちさせる方法

中高生の授業などで先生が毎回入れ替わり、何回も説明する時に黒板などを使います。黒板は何度も消したり書いたりできるのでとっても便利だからです。会議やちょっとした講義などで黒板は使うでしょうか。使いません...

手書きデザインを印刷できるホワイトボード

多くの会社では、壁にホワイトボードがかけてあると言っても良いでしょう。既存のものを購入してそのまま使うこともあります。無地で十分だからと言って無地を買って自分たちでいろいろと書き込むこともよくあること...

ホワイトボードに会社の予定表を印刷しよう

社員の予定が一目でわかるようにしたいと思いませんか。インターネットを利用するのも良いですが、いちいちパソコンやスマートフォンを確認するのは面倒です。昔ながらのホワイトボードに会社の予定表を印刷して利用...


注意点