印刷したホワイトボードを綺麗に長持ちさせる方法

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中高生の授業などで先生が毎回入れ替わり、何回も説明する時に黒板などを使います。黒板は何度も消したり書いたりできるのでとっても便利だからです。会議やちょっとした講義などで黒板は使うでしょうか。使いません。ホワイトボードと言った物を使います。こちらは会議などでよく使います。マーケティングの説明や、解説する時に数字をちょっと書いて説明したい時にペンで書いて簡単に消せるので重宝されます。印刷しておくことで、テンプレートとして使えてとても便利です。
何度も書き直しができる製品は長期間、もしくは何回も使うものになります。綺麗に使い長持ちさせることで、コストはかからないし、経費も削減できます。特にテンプレートを印刷した物は長持ちさせたいです。長期間使い続けることができるでしょうか。色々と方法を見ていきます。

書けない、消せない原因を探ってみよう

まずは原因から探っていきます。書けない、消せない原因としては面に汚れやほこりが付着し、文字が消えないことになってしまうというのが原因の一つになります。表面に傷ができたら要注意です。傷が出来ないようにすることで長持ちさせることができます。ボードに書くマーカーペンの問題もあります。マーカーの変更も検討してみましょう。
もう一つはホワイトボードの問題です。インクが消えない理由としては、表面のコーティングが剤や剥がれが原因となっている可能性があります。コーティング剤が剥がれるとインクが消えなくなる原因なので、剥がれないように注意するのがベストです。きちんと扱っていれば、耐用年数は五年と言われています。倉庫などに長年しまっていた、長期間放置していたなどになると一気に耐用年数は減っていくので注意しましょう。

色んな方法を試して復活させるには

ホワイトボードが消えない、書けないとなったら以下のことを試してみてください。まずは、水拭きをしてみましょう。よく絞った雑巾などで表面を拭くだけです。これで表面の汚れやほこりを落とすことがおすすめで、復活する可能性はかなり高いです。新しいマーカーを変えることもしてみましょう。
そして、イレーザーを掃除することで復活する可能性が高くなります。アルコール用品で除菌することもおすすめです。水拭きでは取れなかった場合にすると良いでしょう。ちょっとしたことで復活する可能性が高いので、なんでもやってみるのがおすすめです。拭くという作業をするだけでも綺麗に保つことができるので寿命が増えます。なので、一度消せない、書けないとなったら以上のことをしていくのがおすすめです。

ピックアップ記事

印刷したホワイトボードを綺麗に長持ちさせる方法

中高生の授業などで先生が毎回入れ替わり、何回も説明する時に黒板などを使います。黒板は何度も消したり書いたりできるのでとっても便利だからです。会議やちょっとした講義などで黒板は使うでしょうか。使いません...

手書きデザインを印刷できるホワイトボード

多くの会社では、壁にホワイトボードがかけてあると言っても良いでしょう。既存のものを購入してそのまま使うこともあります。無地で十分だからと言って無地を買って自分たちでいろいろと書き込むこともよくあること...

ホワイトボードに会社の予定表を印刷しよう

社員の予定が一目でわかるようにしたいと思いませんか。インターネットを利用するのも良いですが、いちいちパソコンやスマートフォンを確認するのは面倒です。昔ながらのホワイトボードに会社の予定表を印刷して利用...


注意点